プロキオン 期間

プロキオンの効果を高めるだけでなく、自分自身のトレーニングでも精力アップしていきましょう。ここでは精力アップにつながる筋力トレーニングについてご紹介していきます。

プロキオン 期間 》 精力アップトレーニング

プロキオンの効果を高めるだけでなく、自分自身のトレーニングでも精力アップしていきましょう。ここでは精力アップにつながる筋力トレーニングについてご紹介していきます。

アダルトビデオに出演している男優さんのほとんどが筋肉ムキムキ。そんなイメージがあるように、精力と筋肉は関係性が高いと思われがちですですが、あながち間違いでもないのです。筋肉を付けることと精力を増強することには関連があり、筋トレをすることが精力アップにもつながるのです。

精力と筋トレの関係性には「男性ホルモン」が強く関係しています。男性の精力は男性ホルモンの一種であるテストステロンの量に関係していて、筋肉が少なかったり運動不足だとテストステロンの量も少なくなります。男性ホルモンの成分の内9割以上を締めるとも言われるテストステロンですから、その影響は大きいと言えます。

テストステロンは何も精力だけに関わるものではなく、闘争心やプラス思考など精神的面でも大きな影響を与えています。若い頃は大人へ向けて声変わりや毛深くなるなど、男らしい体作りのためにテストステロンが豊富に分泌されます。テストステロンの分泌のピークは20歳前後とされていて、40代ころからは更年期障害など身体に不具合が出てくるのです。

ですから、歳を取るほど筋肉を付けることが重要になってくるのです。筋肉を増やせば若い頃のようにテストステロンを分泌させることも可能なので、筋肉トレーニングを精力アップにつなげることができるのです。
精力アップの効果が高いのが下半身の筋力トレーニングです。下半身の筋トレは精力アップとともに勃起力向上にもなるのでおすすめ。下半身のトレーニングにはスクワットとカーフレイズがあります。

スクワット

下半身はペニスにつながる筋肉が多く密集する部位ですので、スクワットを行うことは精力アップに大きな効果をもたらしてくれることでしょう。太腿の筋肉はペニスの付け根とつながっていて、太ももの大腿四頭筋を連動して勃起が成立するそうです。ですから、大腿四頭筋を鍛えると勃起力アップにもつながるのです。

トレーニング方法は息を吸いながら腰を落とし、息を吐きながら元の状態へ戻します。スクワットは1セット10回毎日3セットから5セットほど行うといいでしょう。スクワットのペニスへの直接的な効果は血流増加による勃起力アップ。大腿四頭筋は大きな筋肉なので、テストステロンの分泌量も多く、精力アップにとても効果的です。

カーフレイズ

下半身のトレーニングとして、カーフレイズも効果的な精力アップトレーニングです。下半身の筋肉を鍛えることでペニスへの血流アップ効果を直接的に働きかけることができます。スクワットは場所や人目を気にしますが、カーフレイズは場所を選ばず、人がいてもバレないようにトレーニングすることができます。

電車通勤なら電車の中で。時間をかけながら体全体を持ち上げて一時停止。その後ゆっくりと体を下ろして行いますが、回数は無理しない程度に実践します。手すりにつかまり足を開いて行うと安定してカーフレイズを行えるでしょう。スクワットよりも負荷は軽くなりますが、どこでもできるので多くの回数をこなすことができるでしょう。
デッドリフトもペニス近くの筋肉を付けるために効果的なトレーニング。バーベルのような大きなものが無ければ5キロや10キロ程度のダンベルでもOKです。

両足を肩幅に広げて背筋をピンと伸ばします。背筋を伸ばした状態を保ちながら腰を落としてダンベルを持ちます。ゆっくり状態を起こしながらダンベルを持ち上げ臀部の筋肉を意識します。ダンベルを下ろす時も背筋を伸ばしたままダンベルを床に置きます。

この動作を10回1セット一日3セット以上行うと効果を期待できます。デッドリフトでは背中の筋肉と臀部の筋肉を意識してトレーニングを行ってください。また、胴体のトレーニングとしては腹筋も効果的です。

性行為の際に必要なのが腹筋と腰の力ですから、腹筋が強いほど力強いエッチができることになります。腹筋については自分なりの方法で行ってください。回数よりもゆっくり負荷をかけることを重視して持久力アップを目指してください。

その他の筋力トレーニング

あなたはPC筋という言葉を聞いたことはありませんか?ペニスと肛門をつなぐ筋肉がPC筋で、PC筋を鍛えることで勃起力だけでなく持久力、射精のタイミングまでコントロールできるようになるそうです。

PC筋を鍛えるには肛門を締めたり緩めたりという運動を繰り返すだけ。思いっきり肛門を締めてその状態を維持。数秒後に肛門を緩めてPC筋を鍛えていきます。このトレーニングはいつでもどこでも実践できるので、時間を決めて習慣にすると忘れること無く鍛えていくことができるでしょう。

以外なことに、小指を鍛えることも精力アップにつながります。小指には小腸につながるツボ、丹田を刺激して男性機能を高めることができます。また、副交感神経有利の状態となり、ペニスへの血液流入を促進してくれます。

具体的なトレーニング法としては荷物を持つ時、つり革につかまる時、小指同士を絡めて力を入れるだけでもトレーニングになります。筋トレというよりも、ツボを刺激するといった意識で行うと言いでしょう。
これまでスクワットやカーフレイズ、デッドリフトや腹筋などの精力アップトレーニングをご紹介してきました。これらの筋トレを普通に行ってもいいですが、ゆっくりと行うスロートレーニングを意識すると、さらなる筋トレ効果を期待することができます。スロートレーニングというのは、その名前の通りゆっくりとした動作で行うトレーニングのこと。筋肉に急激な負荷をかけることがなく、健康的な筋トレ法として今注目されているそうです。

ゆっくりした動作で負荷が少ないのなら、効果も無いのではと思われがちですが、スロートレーニングは科学的根拠のある方法で、あるデータでは普通の筋トレよりも効果が高いという結果も出ているそう。軽い負荷でもゆっくりとした動作で行うことで、筋肉が高負荷のトレーニングをしたと勘違いして効果を高めることができます。

その勘違いする仕組みというのは、スクワットでもデッドリフトでも状態を上げ下げします。上体を上げて下げる瞬間。上体を下げてから上げる瞬間は一瞬だけ負荷が軽くなります。一瞬だけ休みを挟むのですが、負荷とスピードが早いと高負荷に感じます。

それが、軽い負荷でもスロートレーニングで行うと、上体を上げて下げる瞬間、上体を下げてから上げる瞬間も負荷がかかり続けるので高負荷だと筋肉が勘違いしてしまうのです。負荷自体が軽いと筋肉へのストレスも少なくでき、怪我をしにくく安全にトレーニングを進めていくことができます。筋トレとはテストステロンを強制的に増やす方法
筋力トレーニングで筋肉が付く仕組みは、一度筋肉を破壊して再構成する際、少し多めに再構成されるというもの。これを超回復というのですが、筋肉の再構成にはタンパク質が利用され、そのタンパク質を集める働きをテストステロンが担っているのです。

ですから、筋力トレーニングをするということは強制的にテストステロンを増やすことにつながるのです。ペニスの位置である下半身の筋肉を中心に鍛えることでペニス近くのテストステロン分泌を促し、精力アップにつなげていくことが可能です。

上記で紹介した他にもストレッチこまめな水分補給日光浴などもテストステロンを効率よく利用するために役立ちます。最初はダンベルなど持たなくてもよく、無負荷でもゆっくりトレーニングすることで十分効果を得ることができます。